住宅ローンを組む時には、期待感と不安がありますよね。住宅ローンは、ローン額も多くなるので、あらかじめ知識があると安心です。そこで、住宅ローンの基礎知識や注意点などをご説明しますので、参考にしてみてください。

住宅ローンの基礎知識

住宅ローンの基礎知識をご存知ですか。現金で一括購入する場合と住宅ローンを利用する場合の特徴をしっかり理解していることが大切です。そこで、住宅ローンのメリットやデメリット、現金購入との違いをご説明します。

住宅ローンのメリット

住宅は非常に高いです。働かずに所得のない人が購入するのは非常に難しいです。何らかの形で所得を得ている人が購入を検討するのでしょう。購入をするとき、購入するのに必要なお金がある人もいればない人もいま…

Read more

住宅ローンのデメリット

住宅ローンは金利がとても低いですが、計算してみると意外と利息がかかります。金利1%で3千万円を借りた場合で、35年で返済をしたなら約556万円の利息です。大きな金額を借りて長期で返済をするので低い…

Read more

住宅ローンは、何歳までに終えるのが理想なのか?

老後を安定して過ごすために、金利のタイミングを見極めて住宅ローンを定年後に残さないことが理想とされています。

住宅ローンを使わずに現金購入する時との違い

毎月やボーナス時の返済は不要

住まいを購入する時は現金やローンといった手段があります。ローンを組むと利息が発生するため、負担を考えて現金での購入を検討している場合があります。 ただ、住宅ローンを使わないなら現金で購入する時との違いを十分に理解することが大事です。まず、現金で購入した場合、毎月やボーナス時の返済は不要となります。 住宅ローンを利用すれば、給与やボーナスから返済分が差し引かれることになりますが、現金で購入してしまえば差し引かれることがないため、貯蓄に回したり、自分や家族の生活が充実する物事に使用したりなど、自由度は高くなるでしょう。ですが、無駄遣いに使用するのはもったいないので、使い道は十分に検討することが重要です。

まとまった貯蓄がなくなる

住宅ローンを利用することなく、現金を利用してマンションや一戸建てを購入擦る場合、一度にまとまった貯蓄がなくなってしまいます。住宅を購入するなら中古でも数百万円のお金がかかるのは一般的ですし、新築となれば数千万円の金額になります。 そのため、現金で住宅を購入してから短い間にお金が必要な状況になってしまうと、足りずに困る場合があります。お金が必要な状況にならなければ良いですが、未来のことは誰にもわからないので、万が一を想定しながら暮らすことは大切です。 そのため、住宅の購入資金以外にもある程度の貯蓄を残しておけるように努力すべきです。すると、急にお金が必要な場面を迎えたとしても自力で対処可能なため、困る状況にはなりません。

住宅ローンの審査

住宅ローンを利用するためには、金融機関からの審査に通らなければなりません。審査に通るための条件にはどのようなものがあるのでしょうか。また、融資を受ける際の注意点も知っておくといいでしょう。名義は個人なのか、共有なのかも重要です。そこで、審査に通る条件や融資の注意点、名義についてご説明します。

住宅ローン審査に通るための条件

住宅ローンの審査を通る条件の基本ともいえるのが個人の年収です。住宅ローンに限らず全てのローンには下限年収と呼ばれる規定が設けられていて、この下限年収をクリアーしていなければ銀行の審査に進むこともで…

Read more

住宅ローンで融資を受ける際の注意点

住宅ローンは銀行を利用して借り入れをする事ができますが審査が用意されています。審査に通過して初めて融資を受けることができるのですが、合格するにはちょっと大変です。本審査の前に事前審査と呼ばれるもの…

Read more

住宅ローンの個人名義と共有名義

住宅ローンを組む時には、共有名義と個人名義の2種類を選択することができます。住宅ローンの審査においては、どちらが有利かといえば共有名義の方が特定の場面においては有利なこともあります。その一つは、共…

Read more

© Copyright Knowledge Of Mortgage Loans. All Rights Reserved.