住宅ローンのメリット

所得税の控除制度が利用できる

住宅は非常に高いです。働かずに所得のない人が購入するのは非常に難しいです。何らかの形で所得を得ている人が購入を検討するのでしょう。購入をするとき、購入するのに必要なお金がある人もいればない人もいます。ない人が住宅ローンを利用するのは仕方ありませんが、ある人でも使った方が得になるときがあります。住宅ローンのメリットとして、住宅ローン控除と呼ばれる所得税の優遇措置があります。毎年のローン残高に対して一定額を所得税から控除できる制度で、その分所得税の支払いをしなくて済みます。源泉徴収されているので気づきにくいですが、毎年の所得税は結構多いです。住宅ローン減税の適用を受ければ、かなりの額の所得税を免除してもらえます。

子育ての時に住宅を保有できる

人によってライフプランは異なります。学生から社会人になった後、結婚、子供ができ子育てをしていきます。40歳代などで結婚すれば、人によっては住宅を購入できるだけの貯蓄があるかもしれません。でも20歳代や30歳代となるとまだまだ十分な貯蓄がありません。自分のお金だけで住宅を購入しようとすると、子供が小さい時に住宅を購入するのは難しくなります。住宅ローンのメリットとして、子育ての時に住宅を買える点があるでしょう。まだ給料が少なかったり貯蓄があまりない状態でも、それ以上の資産を購入できます。住宅ローンは通常のローン商品よりも返済期間が長く設定されているので、長い期間をかければ少しずつ返済ができます。マイホームでの子育てが可能になります。

© Copyright Knowledge Of Mortgage Loans. All Rights Reserved.