住宅ローンで融資を受ける際の注意点

事前審査は重要な部分

住宅ローンは銀行を利用して借り入れをする事ができますが審査が用意されています。審査に通過して初めて融資を受けることができるのですが、合格するにはちょっと大変です。本審査の前に事前審査と呼ばれるものがあります。これは仮審査とも呼ばれるもので本人の信用度をチェックするのが特徴です。
銀行側からするとこの人にお金を貸しても返済してもらえるのかが重要となってきます。そこでローンを組む前に利用者の信用度をチェックして返済できる人がどうかを判断するので注意です。
事前審査では年収や年齢、雇用形態といった要素を7割以上の銀行がチェックします。合格ラインとしては300万円以上の年収が必要で信用情報は過去に借入の滞納があるのかもチェックされるので気をつけておくといいでしょう。

本審査時のチェックも知る

事前審査を通過するといよいよ本審査に入りますが、ここでは物件の担保評価と団信の告知を行ってくれます。状況が変化する場合もう一度審査をする必要があるので注意です。たとえば車を購入したり転職をしたりすると審査を行います。
ローン返済ができなくなったときに保険会社が自宅を差し押さえて競売にかけるのですが、そのときに担保になる物件があるとどうかが重要です。売却価格が安いと保険会社が損をするので担保評価が関わってきます。購入予定の土地や建物が担保として機能するかを判断する、もし評価が低ければ借入金額を減額させられるといった具合です。
健康状態も重要、返済する前に病気で亡くなってしまうとだめなので医師によって身体のチェックを行います。

© Copyright Knowledge Of Mortgage Loans. All Rights Reserved.